「美術による学び研究会」に関連する研究会

| HOME | 2009年第4回鑑賞教育フォーラム |  

更新日 2017-02-17 | 作成日 2008-05-26

第4回美術鑑賞教育フォーラム 開催のご案内
科研「対話による意味生成的な美術鑑賞教育の開発」報告会

2006年からスタートした科研美術鑑賞教育プロジェクト「対話による意味生成的な美術鑑賞教育の開発」が、いよいよ研究の最終年度末を迎えることとなりました。同時に開始した美術鑑賞教育フォーラムも今回で4回を数え、第1回開催地の東京に帰ってきました。
 今回は、「美術鑑賞教育の現状・課題・展望」と題し、全国から広く発表者を募ると同時に、私たちプロジェクトメンバーの3年間の研究成果を報告する会を企画しました。
 またゲストに、「トントンギコギコ図工の時間」の野中真理子監督とニューヨークからアメリア・アレナスを迎え、日本の美術教育についてのご意見や提言をお聞きします。
今後の美術鑑賞教育を考える上でひじょうに重要なフォーラムであり、ぜひご参加いただきたくご案内申し上げます。

会期:2009年 2月21日(土)〜22日(日) 東京


2月21日(土)  13時00分~18時00分

セクション1 幼児・児童の美術鑑賞教育を考える

 鳥越亜矢(山陽学園短期大学)
 津室和彦(山口県山口市立大内南小学校)

セクション2 中学生の美術鑑賞教育を考える

 山崎正明(北海道千歳市立北斗中学校)
 鈴木 斉(東京都羽村市立羽村第三中学校)
 西尾隆一(熊本県熊本市立桜山中学校)
 〈特別ゲスト 野中真理子(映画監督)〉

セクション3 学校と美術館の美術鑑賞教育を考える

 赤木里佳子(岡山大学)
 一條彰子(東京国立近代美術館)

(21日19時より両日の発表者と対話する懇親会を予定しています。こちらもぜひご参加ください。)

2月22日(日)  10時00分~16時00分

セクション4 対話による意味生成的な美術鑑賞教育の開発

 岩崎由紀夫(大阪教育大学)
 岡崎昭夫(筑波大学)
 日野陽子(香川大学)
 三澤一実(武蔵野美術大学)
 奥村高明(国立教育政策研究所)
 上野行一(高知大学)

セクション5 特別講演とワークショップ

 アメリア・アレナス(美術史家)


会場 〒100-8951 東京都千代田区霞ヶ関3-2-2
    中央合同庁舎7号館 東館3階 文部科学省第1講堂


定員  500名(先着順)

会費  無料

主催  科研美術鑑賞教育プロジェクト/美術による学び研究会

研究課題「対話による意味生成的な美術鑑賞教育の開発」

 代表:上野行一/岩崎由紀夫・岡崎昭夫・奥村高明・日野陽子・三澤一実

事務局   「美術による学び研究会」事務局 山崎正明

※定員に限りがありますので、参加をご希望の方は、必ず下記宛にe-mailでご予約をお願いします。
申込先:美術による学び研究会事務局 yamazakimasaaki@mac.com
(1)お名前
(2)ご所属
(3)21日19時からの懇親会参加の有無、以上の3点を必ずご記入ください。
(懇親会については、会場の関係から2月9日の段階で、締め切らせていただきました。もしかしたら、当日若干名入場できるかもしれませんが。)

具体的なプログラム

  下をクリックしてご覧ください

b0068572_22214095-1.jpg